信頼のNSF認証を取得。マルチピュア浄水器なら安心!

■ 98種類にも及ぶ有害物質を除去

国内メーカーの浄水器の除去項目基準を13-15項目とする中、98項目にも及ぶ有害物質除去テストを行い、NSF認証の高い基準で除去テストをクリアしたマルチピュア社製の浄水器なら、本当に安心して浄水器の水を飲むことができます。

ペットボトルのマイクロプラスチックが問題になるなど、想定しえない問題が起きる中、少々オーバースペックとも思えるほどの除去能力を誇るマルチピュアなら安心して飲み水やお料理に手軽に浄水された水を使えます。

除去能力だけでなく、浄水可能な処理量も群を抜いて多く、標準型モデルで23L、大容量モデルでは46Lもの使用が可能です。一般的な浄水器では12Lほどの使用量を想定して作られています。

世界最大のブロック活性炭メーカーであるマルチピュア社は1970年より世界80カ国850万世帯に浄水器を供給し、その浄水性能は欧米諸国での浄水器選びの基準となる中立的な第三者機関NSFにより認証を受け、その中でも世界最多の85種類の除去項目テストをクリアした優れものです。

マルチピュア社は独自の圧縮技術により世界最大のブロック活性炭メーカーとして信頼のおける浄水器カートリッジを40年以上作り続けています。そして自社で販売する以外にも世界の浄水器メーカーからカートリッジ製造の依頼を受けOEM供給もし続けております。
世界トップクラスの浄水能力でありながら、通常では考えられない値段設定になっており、コストパフォーマンスに優れた商品である点も大きな魅力です。

NSF認証とは

■ 第三者機関NSFより認証された高い除去性能

NSFとは1944年に設立された公衆衛生分野における基準をつくる国際的な第三者機関です。1996年にはWHO(世界保健機関)の協力機関として、世界の食品および飲料水の基準づくりと安全性の確保の活動を始め、国連と共に世界の国々に寄与しています。 浄水器に関しては、1968年に現在の米国環境保護庁(EPA)の依頼を受け、米国の工業規格(ANSI)として家庭用の浄水器のための統一した安全性と性能の基準を作成しました。 その厳格な基準は、塩素やサビ・病原体の原虫・環境ホルモン系農薬・トリハロメタン・MTBE・アスベストなどの化学物質・水銀・鉛などの重金属系物質など66項目に及びます。 
欧米諸国では、商品の信頼性を測る基準として世界各国で採用されているNSFマークの有無は浄水器を買う時の目安とされています。NSF認証にもランクがあり中でもマルチピュアの商品は、最も多く有害物質を除去できる浄水器として、その品質を保証されています。

世界最高峰の除去能力を生み出す仕組み

マルチピュア浄水器の仕組み

■ 一般的なフィルターの粒状活性炭での浄水は?

一般的なフィルターの粒状活性炭では化学的な「吸着」はある程度期待できますが、粒状という密度の低さから粒と粒の間に隙間があるため、機械的な「ろ過」の効果はあまり期待できません。そのため各メーカーは、樹脂(中空糸膜)やセラミックを使った「ろ過層」との組合せで性能を確保しています。

■ マルチピュアに搭載の微粉の粒状活性炭での浄水は?

マルチピュアのカートリッジは活性炭を微細な粉末にし非常に高い密度で圧縮成型しております。高密度のブロック状(固形)の活性炭の中を水が通り「吸着」と「ろ過」の働きを同時に同じフィルター体積の中で行うことができる一体構造により除去性能を高めています。 また、ブロック活性炭内部の微細穴が極めて複雑な構造のため、水と活性炭が接触している表面積は驚くほど広がり、接触時間も長いために高い微粒子の「ろ過」能力を可能とするだけではなく、化学物質の「吸着力」を大幅に高めることができます。

■抗菌目的の薬剤や銀などは一切不使用

ブロック活性炭で形成されるマルチピュア浄水器は抗菌目的の薬品や銀などは一切使用しない植物由来の成分から成り、ろ過・吸着などを含め4つの仕事を同時に行います。

そして有害な化学物質や細菌などを除去し、おいしさの元であり、体に必要なミネラルは残すという仕組みをもっています。

マルチピュア浄水器4つの仕組み

1.静電気吸着層

プラスの電荷を与えたセルローズ繊維の吸着層で、機械的なろ過では除去できないマイナスの電荷をもつ、超微粒子やバクテリアなどを静電気の引力で吸着・捕捉していきます。

2.圧縮成型活性炭ろ過層

残留塩素やトリハロメタンなどの有害な化学物質や有機化合物を物理的な吸着・捕捉により、除去します。

3.圧縮成型活性炭マイクロろ過層

多重な活性炭からなる0.5ミクロン以下の複雑な微細孔をもったろ過層でアスベストや微生物などを機械的なろ過により除去します。(0.2ミクロン以上の微粒子を除去)

4.ポリエチレンマイクロろ過層

多重な活性炭からなる0.5ミクロン以下の複雑な微細孔をもったろ過層でアスベストや微生物などを機械的なろ過により除去します。(0.2ミクロン以上の微粒子を除去)

マルチピュア浄水器に使用されている4層圧縮成型活性炭フィルターは体に有害な物質を85種類も除去する性能を持っています。
通常の浄水器に使用されている粒状の活性炭とはろ過層の密度が全く違い、この密度の高さにより水の抜け道が出来ず、ろ過能力が落ちないという特徴があります。

カートリッジ活性炭内部には非常に多くの細孔(みぞ)が形成され、その表面積は100万平米(東京ドームの20倍ほど)という膨大な面積になるほどです。このため水が活性炭の表面に触れる量が多くなり、吸着力が効果的に生かされます。マルチピュア社は世界で初めて、このブロック状活性炭を開発実用化し、世界最高水準の品質と知名度を誇っています。

マルチピュアはどのように生まれたのか?

■マルチピュア開発の経緯

マルチピュア社は1970年、アルビン・ライス氏とアレン・ライス氏によってカリフォルニア州に設立されました。
1960年代後半、アメリカでは水道水に含まれるトリハロメタンという物質が発ガン性に関係があるとして社会問題となり、大きく取り上げられていました。
当時主流だった粒状の活性炭では、トリハロメタンを十分に取り除くことが出来なかったため、ライス兄弟は、より高性能な浄水器の開発に試行錯誤していました。そんな折、ふとしたきっかけで「固形の炭の中に水を通してろ過する」というアイデアを思い付きます。その発想がブロック活性炭を誕生させる第一歩となり、その後の研究と努力の積み重ねにより、1970年、ついに世界で初めてブロック状の活性炭フィルターの開発と実用化に成功しました。

その後マルチピュア社は世界最大のブロック活性炭メーカーへと成長し、創業から40年以上に渡り、世界中のご家庭でより安全で安心できる水を手軽に利用できるよう、高性能浄水器を提供し続けています。世界の水処理業界のリーディングカンパニーとして、世界各国の大手浄水器メーカーに高品質のブロック活性炭をOEM供給し続けています。

世界80か国700万世帯以上がご愛用

■各機関からの高い評価

マルチピュア社はさらにその培われてきた歴史と優れた技術力が高く評価され、国連のWHO(世界保健機構)、USEPA(米国環境保護庁)等をはじめ、欧米諸国の政府機関、官公庁、研究所、医療機関、教育機関、民間企業等幅広い分野からも絶大な信頼を得ています。
アメリカで47年以上に渡り消費者に対して正しい情報を提供し続けている『コンシューマーダイジェスト誌』において、マルチピュア社の浄水器は、浄水器の分野で最も優れた商品として「Best Buy(消費者に最も推薦できる商品)」に選ばれています。
「数多くの浄水器の中でもマルチピュア浄水システムは、その性能が最も高いクラスでNSF認証を取得していること」を理由としてあげ、消費者に最も使ってほしい浄水器として推薦しています。
世界には、まだ水質環境が整っていないため、直接蛇口から水を飲むことが出来ない地域が多くあります。マルチピュアの浄水器は、NSFにも認められている高い有害物質の除去能力を誇り、環境の厳しい地域でも蛇口から直接、きれいでよりおいしく健康的な水を飲んでいただいています。 マルチピュアの浄水器をお使いのご家庭は、現在世界80ヵ国700万世帯以上へと広がっています。日本国内においてもたくさんのご家庭でご使用いただいています。
さらには老舗料亭や有名レストラン、料理学校、アレルギークリニック、幼稚園等、きれいで健康的な水を必要とされている多方面のお客様から、熱い支持をいただいています。

放射性物質に対する有効性も実証

平成23年4月16日に福島県相馬郡飯館村長泥内から採水した水をマルチピュア浄水器に通水し水質試験を実施しました。その結果、放射性物質についても「不検出」となりマルチピュア浄水器で低減できることが実証されました。
マルチピュア放射性物質除去データ詳しくはこちら

また世界で初めて放射性物質ラドンによる連続通水実験も行いラドンにおいてもNSF認証を取得し、除去可能との認証を受けています。

第三者機関による除去試験一覧

■第三者機関による除去性能試験の一覧です

日本国内のJIS規格13項目以外にも多岐にわたる試験を実施し、トリハロメタンや残留塩素、鉛、農薬、細菌、カドミウムなどの除去を世界中の機関により証明されています。

●ANSI/NSF規格試験合格項目一覧

認定試験項目 除去率 試験水濃度 EPA水質基準
【ANSI/NSF規格53】
アスベスト >99.9% 107~108個(>10μ/個) >99%
クロルデン >99.5% 0.04mg/L+/-10% <0.002mg/L
●【シスト(原虫)】
クリプトスポリジュウム 99.95% 50,000個/mL以上 >99.95%
エンタモエバ 99.95% 50,000個/mL以上 >99.95%
シャディアランブリア 99.95% 50,000個/mL以上 >99.95%
トクソプラズマ 99.95% 50,000個/mL以上 >99.95%
鉛 (ph6.5 ph8.5) >99.3% 0.15mg/L+/-10% <0.01mg/L
水銀(ph6.5 ph8.5) >99% 0.006mg/L+/-10% <0.002mg/L
MTBE >96.6% 0.015mg/L+/-20% <0.005mg/L
PCB類 >99.9% 0.01mg/L+/-10% <0.0005mg/L
トキサフェン >92.9% 0.015mg/L+/-10% <0.003mg/L
濁度 >99% 11+/-NTU <0.5NTU
●【揮発性有機化合物】
アラクロール >98% 0.05mg/L <0.001mg/L
アトラジン >97% 0.1mg/L <0.003mg/L
ベンゼン >99% 0.081mg/L <0.001mg/L
カーボフラン >99% 0.19mg/L <0.001mg/L
カーボンテトラクロライド 98% 0.078mg/L <0.0018mg/L
クロロベンゼン >99% 0.077mg/L <0.001mg/L
クロロピクリン 99% 0.015mg/L <0.0002mg/L
2,4-D 98% 0.110mg/L <0.0017mg/L
ジブロモクロロプロパン >99% 0.052mg/L <0.00002mg/L
o-ジクロロベンゼン >99% 0.08mg/L <0.001mg/L
p-ジクロロベンゼン >98% 0.04mg/L <0.001mg/L
1,2-ジクロロエタン 95% 0.088mg/L <0.0048mg/L
1,1-ジクロロエチレン >99% 0.083mg/L <0.001mg/L
CIS-1,2-ジクロロエチレン >99% 0.17mg/L <0.0005mg/L
TRANS-1,2-ジクロロエチレン >99% 0.086mg/L <0.001mg/L
1,2-ジクロロプロパン >99% 0.08mg/L <0.001mg/L
CIS-1,3-ジクロロプロピレン >99% 0.079mg/L <0.001mg/L
ジノセブ 99% 0.17mg/L <0.0002mg/L
エンドリン 99% 0.053mg/L <0.00059mg/L
エチルベンゼン >99% 0.088mg/L <0.001mg/L
エチレンジブロマイド >99% 0.044mg/L <0.00002mg/L
●【ハロアセトニトリル類】
ブロモクロロアセトニトリル 98% 0.022mg/L <0.0005mg/L
ジブロモアセトニトリル 98% 0.024mg/L <0.0006mg/L
ジクロロアセトニトリル 98% 0.0096mg/L <0.0002mg/L
トリクロロアセトニトリル 98% 0.015mg/L <0.0003mg/L
●【ハロケトン類】
1,1-ジクロロ-2-プロパノン 99% 0.0072mg/L <0.0001mg/L
1,1,1-トリクロロ-2-プロパノン 96% 0.0082mg/L <0.0003mg/L
ヘプタクロール >99% 0.25mg/L <0.00001mg/L
ヘプタクロールエポキサイド 98% 0.0107mg/L <0.0002mg/L
ヘキサクロロブタジエン >98% 0.044mg/L <0.001mg/L
ヘキサクロロシクロペンタジエン >99% 0.060mg/L <0.000002mg/L
リンデン >99% 0.055mg/L <0.00001mg/L
メトキシクロール >99% 0.050mg/L <0.0001mg/L
ペンタクロロフェノール >99% 0.096mg/L <0.001mg/L
シマジン >97% 0.120mg/L <0.004mg/L
スチレン >99% 0.15mg/L <0.0005mg/L
1,1,2,2-テトラクロロエタン >99% 0.081mg/L <0.001mg/L
テトラクロロエチレン >99% 0.081mg/L <0.001mg/L
トルエン >99% 0.078mg/L <0.001mg/L
2,4,5-TP 99% 0.270mg/L <0.0016mg/L
トリブロモ酢酸 >99% 0.042mg/L <0.001mg/L
1,2,4-トリクロロベンゼン >99% 0.160mg/L <0.0005mg/L
1,1,1-トリクロロエタン 95% 0.084mg/L <0.0046mg/L
1,1,2-トリクロロエタン >99% 0.15mg/L <0.0005mg/L
トリクロロエチレン >99% 0.180mg/L <0.001mg/L
総トリハロメタン >99.8% 0.300mg/L+/-0.30 <0.015mg/L
ブロモジクロロメタン >99.8% 0.300mg/L+/-0.30 <0.015mg/L
ブロモフォルム >99.8% 0.300mg/L+/-0.30 <0.015mg/L
クロロフォルム >99.8% 0.300mg/L+/-0.30 <0.015mg/L
ジブロモクロロメタン >99.8% 0.300mg/L+/-0.30 <0.015mg/L
総キシレン >99% 0.070mg/L <0.001mg/L
【ANSI/NSF規格42】
クロラミン >97% 3.0mg/L+/-10% <0.5mg/L
塩素 99% 2.0mg/L+/-10% ≧50%
微粒子(0.5μ) Class1 >99% 10,000個/mL以上 ≧85%

■マルチピュア浄水器除去試験合格認証機関一覧

●NSFの認証以外にも世界各国の公的機関により様々な認証を受けております。

ウィスコンシン州 有害物質60種類の除去認定取得
カリフォルニア州 有害物質54種類の除去認定取得
アイオワ州 有害物質54種類の除去認定取得
コロラド州 有害物質47種類の除去認定取得
PJB研究所 ヒ素・水銀・カドミウム・鉛・有機化合物114種類の除去試合格
パットケム研究所 大腸菌・トリハロメタン・鉛・アルミニウム・銅・有機化合物19種類の除去試験合格
インダストリアル 農薬4種類の除去試験合格
マンテスティング研究所 クロロホルム、ブロモジクロロメタン・ジブロモクロロメタンの除去試験合格
エナジーリソースカンパニー クロロホルム、ブロモジクロロメタンの除去試験合格
CHダイアグノスティックアンドコンサルティングサービス クリプトスポリジウム・ジアルディアの除去試験合格
トゥルースデール研究所 大腸菌・一般細菌・塩素の除去試験合格
EMS研究所 アスベストの除去試験合格
ブラウンアンドコールドウェル クロラミンの除去試験合格
シンテフ研究所 カドミウム・鉛・水銀・銅・濁度・クロロホルム・大腸菌・一般細菌の除去試験合格
ロムスダル研究所 大腸菌・セシウムの除去試験合格
リージョン研究所 アルミニウムの除去試験合格
フィリピン化学技術庁工業技術開発研究所 大腸菌・鉛の除去試験合格
おすすめの記事