『シーガルフォーとマルチピュアどちらがいいの?』

浄水器専門店の弊社に多くよせられるご質問で、きちんとした機能を持つ浄水器を選ぶ際には気になるところだと思います。

世界基準の浄水能力を持ち、一流料理人に美味しさも認められた人気の2トップ『シーガルフォー』と『マルチピュア』を比較してみたいと思います。

シーガルフォー・マルチピュアのクリアした基準!

欧米諸国での浄水器選びの基準となる中立的な第三者機関『NSF』より有害物質83種類除去を認証され、世界80カ国850万世帯で愛用される『NSF認証・マルチピュア浄水器』 世界63カ国で愛用され、各国の軍隊や航空会社の80%以上のシェアを誇るなど世界の公的な機関に採用され続け、EPA(アメリカ環境保護庁)の『化学物質を使用せず有害な微生物を除去する装置における基準』に適合し、フランス・パスツール研究所など第三者機関で浄水能力を実証済みの『シーガルフォー浄水システム』 どちらも安全性と美味しさの信頼度は高いようですが、 除去検査項目数はマルチピュアが世界最多83種類を誇り、採用実績はシーガルフォーが断然のようです!

ともに放射性物質除去テストクリアの実績のある浄水器

シーガルフォーとマルチピュアはヨウ素(I-131)・セシウム(CS-134)・セシウム(CS-137)の放射性物質除去テストをそれぞれの輸入元が実施しています。 その結果、放射性汚染物質が含まれた原水を浄化後は検出下限値以下(ND)との データを持っております。シーガルフォーとマルチピュアは、厳しい水事情にも対応しうる浄水能力を有します。 マルチピュアは、ヨウ素・セシウム以外にも世界で初めてNSFによる放射性物質ラドンの除去テストクリアもしており信頼が置けます。

ミネラルは残す仕組みの浄化システムです。

ミネラルを含んだ不純物のない自然な水が、美味しい水の基本です! シーガルフォー・マルチピュアは共に不味さの元になる塩素や鉄さび、味覚には感知できない有害科学物質やウィルス等を除去し、ミネラル分は残した自然でフレッシュな水本来の姿に戻すことを目指した浄水器です。一流の料理人に認められるその美味しさは、自然な水に戻す仕組みが生み出すものです。

シーガルフォーとマルチピュアの比較

浄水能力・実績で選ぶ

シーガルフォー マルチピュア
有害物質除去の検査機関 世界中の第三者機関が性能を実証
【日本食品分析センター】
中立的第三者機関NSFによる85種類の有害物質除去の認証取得
カリフォルニア州保健局・米国環境保護庁
米国水質協会など様々な公的機関で除去性能実証
放射性物質除去実証 【ヨウ素・セシウム】
検出下限値1Bq以下の検査でND
【ヨウ素・セシウム】
検出下限値6.84〜8.65Bq以下の検査でND
【ラドン】
世界初NSFにより放射性物質ラドンの除去を実証
採用実績 項目内容 項目内容

水量・容量・ランニングコストで選ぶ

水量(水圧0.1Mpa) トリハロメタン処理量 カートリッジ交換(年1回)
マルチピュア750シリーズ 2.85L/分 30,000L 1日46L使用/¥18,360
シーガルフォーX1タイプ 3.0L/分 4500L 1日12L使用/¥15,120
シーガルフォーX2タイプ 4.0L/分 9000L 1日24L使用/¥30,240
マルチピュア400シリーズ 2.85L/分 15,000L 1日23L使用/¥17,280

実績のシーガルフォー!除去項目数ではマルチピュア!

シーガルフォー・マルチピュアともに卓越した浄水能力と第三者機関によるテストも受け信頼のおける浄水器です。両者ともにミネラルは残した自然な水を作り出すシステムです。 お選びになるポイントは、ご使用になる方のお好みになると思いますが、水道と同じ勢いで浄水器のお水も使いたいならシーガルフォーX2シリーズがおすすめです。ご家族の人数が多いなどたっぷりと浄水を使う方にはマルチピュア750シリーズの1日46Lも使える大容量がおすすめです。 数多くの浄水器より専門店として選び抜いたシーガルフォーとマルチピュアでしたらどのモデルをお使いになってもご満足頂けることと思います。 ぜひ、ご自宅の水道から有害物質は取り除き、ミネラル分は残した自然でフレッシュな水が出る安心感と便利さを味わって頂きたいと思います。 商品選択の際に迷われたら遠慮なくフリーダイヤルかメールでお問合せください。 あなたのご使用の状況に合わせ最適なモデルを選ぶお手伝いをさせて頂きます。

おすすめの記事